終活とは?

終活とはどのようなものなのでしょうか?
終活とは人生の最終の終え方を、自分自身で準備することと言われてます。日本人の平均寿命は、男性は「81歳」、女性は「87歳」と言われていますが、早い方では60代から終活を始められる方もあるようです。終活は家族の為だけではなく残された自分の人生を充実させることにも繋がるので、自分はまだまだとお考えの方でも第二の人生を実りあるものにするために終活を始められる方があるようです。

終活は何から始めれば良いのでしょうか?

不動産の終活

不動産や財産の相続には「手間がかかる」「時間がない」
一般的には、終活を行う上でいちばん重要度の高い作業が財産や不動産の整理だと言われています。日本の法律では、亡くなられると相続の手続きが必要になります。この相続では残された家族はわずか3ヶ月以内に相続の方法を決定して、10ヶ月以内に納税と確定申告を行うをで行わなければならないのです。

残された家族が困らないように事前に準備しておくことが必要です

「相続争いを残しやすい人」には特徴があるようです
遺言書を自己流で書いてしまう人

自筆遺言証書には、遺言者の財産の全てを必ず記載することが必要です。
そのため、普段から財産の全てを書き出しておいて、把握しておくことが必要です。万一書き漏れた場合、書き漏れた財産の相続に関して相続人間で遺産分割虚偽を行うことになるので、トラブルになる恐れがあります。
自筆証書遺言の場合は安価で気軽に書けるのですが、問題が生じやすいのです。

自分の家族は大丈夫だと思っている人

「長男にすべての遺産を相続させる」と書かれていた有効な遺言書を残していた場合には、長男が遺産を全て相続できます。ただし、他の相続人には「遺留分」に関する権利が認められています。
子どもの配偶者から「何であなたが受け取る財産はお兄さんより少ないの」といった指摘を受けたり、相続に詳しい友人・知人からアドバイス受けたりした場合、遺産分割がまとまらないことも考えられます。

終活に関するお問い合わせはこちらから

  • ランドポート
  • お問い合わせは、営業時間/9:00~18:00 電話番号0857-53-6255
  • メールでお問い合わせ